赤ちゃんでも飲めるウォーターサーバーは多い

ウォーターサーバーにはいくつかの種類がありますが、ほとんどすべてのウォーターサーバーの水を赤ちゃんが飲むことができます。
赤ちゃんに一番適しているのは、RO水のウォーターサーバーです。これは細かなフィルターを使って作る水で、安全性が非常に高いです。
このフィルターは逆浸透膜と呼ばれます。
逆浸透膜には非常に小さな穴が開いているので、それによって不純物を取り除くことができます。

お手軽さが魅力のBIGLOBEニュースサイトを見つけることができました。

放射性物質も取り除けるので、逆浸透膜を使った水は安心して赤ちゃんに飲ませることができます。
このRO水は価格が安いというメリットもあります。


ウォーターサーバーの水には天然水が使われることもあります。

天然水を使ったサーバーの水も赤ちゃんに飲ませることができます。
厳密な品質管理を経た後に、ご家庭に届けられるのでその水が汚染されていることはありません。



ただし、水の質は会社ごとに異なっています。赤ちゃんの場合は、軟水の水が適しています。



軟水はマグネシウムやカルシウムの量が少ない水のことです。
この2つが多いと飲んだ時にお腹の調子が悪くなることがあります。

このタイプの水は硬水と呼ばれて、ヨーロッパで多く採取されます。

日本の場合は軟水が多いので、小さな子供に適しているのですがマグネシウムやカルシウムの量は水ごとに異なっています。
できるだけこの2つのミネラルの含有量が少ないものを選ぶようにしましょう。

軟水の水は味がまろやかなので、大人にも向いています。